ランプーンのラムヤイ

ランプーンのラムヤイ

週末、ランプーンへ行ってきました。

ラムヤイ(ロンゴン)で有名なランプーン。

ちょうど、ラムヤイの時期とあって、
ラムヤイの木にたくさん実がなっていました。

ちょっと、味見・・・。のはずが、
ついついおいしくて、
気がつけば、30個程も食べてしまいました☆

 一口メモ

ラムヤイは、もともとは中国南部が原産で、漢字で「龍眼」と書きます。

7月を迎える頃、リンチーの季節が終わるとともに、食卓にあがる果物がラムヤイです。

ラムヤイはリンチーほど酸味がなく、甘さがすんなりと口中に広がります。

食べ方はいたって簡単で、茶色の皮に爪を立てれば、ぱっくりと裂け目ができますから、指先で軽く割ればOK。

ジューシーな真っ白い実が、姿を現しますよ。

白い果肉を口にすると、なかから黒い種が出てきます。

この黒い種と白い果実の組み合わせが、まるで龍の目のように見えることから、龍眼と名付けらたとのことです。

ラムヤイはチェンマイでも手軽に入手できますが、ラムヤイといえばランプーンです!

ランプーンの106号線には、川沿いにラムヤイ畑が延々100キロ以上続いており、これから数ヶ月間はラムヤイ一色に染まります。

まるでランプーン県全体が、ラムヤイに埋め尽くされたかのようです。

ランプーンでは日本のブドウ狩りのように、畑にあるラムヤイをもぎっては食べるサービスも行われていますよ。

ラムヤイの産地として名高いランプーンでは、毎年8月になると、ラムヤイ祭りが華々しく開催されます。

ランプーン市内県営競技場周辺を会場に、ランプーン市内ターカーム橋からターナーン門までの通りが、その主な舞台です。

ランプーン・ラムヤイ祭りでは、ラムヤイで飾られた車のパレードやラムヤイ娘コンテストなどが行われ、賑わいます。

ちなみにラムヤイですが、漢方薬の仲間としても、よく知られています。

身体を温めてくれる効果があるそうですよ。

甘くて美味しいうえに、健康にもよいとあっては、今年もまた、ラムヤイにはまりそうです!

タグ

2011年6月27日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事