チェンマイのベトナム料理店

チェンマイのベトナム料理店

チェンマイ大学裏、ステープ通りにある
ベトナム料理屋さんに行ってきました。

ビュッフェスタイルの食べ放題!

カウンターに並んでいる以外の料理も
メニューから選んで注文し、
運んできてもらうこともできます☆<

少しずつ取って、ハーブ類と一緒に巻いて食べる!
包んではパクッ、包んではパクッっと、
楽しくて、おいしい、ヴェトナム料理でした☆

 一口メモ

昨年、アメリカで行われたアンケートにおいて、全世界のなかでもっとも行ってみたい街のナンバー1に輝いたのはバンコク!

そして、第二位にはチェンマイがランクインしていました。

その人気ぶりが示すように、バンコクやチェンマイには外国人の姿が目立ちます。

そうなると当然のことながら、外国人をターゲットにしたビジネスも、あまた立ち上がります。

外食産業もご多分に漏れず、チェンマイの街中を歩いてみると、さまざまな多国籍料理店が軒を並べています。

ベトナム料理店も、高級感漂うレストランから庶民的な小さな食堂まで、たくさんあります。

なかでも人気が高いのは、チャーンクラーン通りにある「フォー・ビエンチャン」です。

店名の「ビエンチャン」はラオスの首都ですが、料理は間違いなくベトナム料理ですので、ご安心を!

フォー・ビエンチャンのベトナム料理は、どれをとってもおいしいのですが、「ネームヌアン」は特に絶品です。

ネームヌアンは、ベトナム産の生春巻きの皮に豚肉の串焼きを載せ、青いバナナやきゅうり・ニンニク、青いマンゴ、ハーブなどと併せて、くるんと包み、甘辛い特製のタレをかけて食べる料理です。

フォー・ビエンチャンのネームヌアンを口のなかに放り込めば、他では味わったことのない美味しさが、ジュワッと広がりますよ。

ベトナム料理の特徴は、野菜を使ったヘルシーな料理が多いことです。

ベトナム料理が、ダイエットに余念のないタイの女性に好まれるのは、当然かもしれませんね。

サンデーマーケットで賑わうラーチャダムヌーン通り沿いのガート・グランウィアン内にも、フォー・ビエンチャンの二号店があります。

脂っこいタイ料理に飽きてきた方は、ベトナム料理を口にしてみるのもいいかもしれませんね。

タグ

2011年9月22日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事