バートンコーと豆乳

バートンコーと豆乳

寒い時、よく屋台の豆乳屋さんで
あったかい飲み物を買うのですが、
朝、仕事に行く途中、買って事務所で飲んだり、
夜は夕食後に買いにいったりします。

豆乳だけじゃなく、
牛乳やココア、コーヒーもあります。

豆乳屋さんではパートンコー(揚げパン)も買って、
あったか飲み物と一緒にいただきます。

ほっとするひと時です。

 一口メモ

チェンマイの朝食の定番といえば、バートンコーと豆乳でしょうね。

カオトーンというお粥も人気ですが、朝の屋台の主役は、やっぱりバートンコーと豆乳なのです!

バートンコーをひとことで表すなら、揚げパンです。

薄くのばした小麦を短冊のように切り、ふたつを真ん中でつまんで揚げるため、ちょうどアルファベットのXのような形になります。

新鮮な油を用いて揚げるのが、バートンコーの美味しさの秘訣です。

口に入れても、けして油っぽくなく、さっぱりとした風味が広がります。

タイ料理は油を使うことが多いため、どうしてもお腹がもたれがちです。

だからこそ、朝にはサクサクしたバートンコーを食べたくなるのでしょうね。

甘さ控えめの熱々の豆乳に、バートンコーをちぎって浸してから食べるのがチェンマイ流です。

これはもう、病みつきになる美味しさですので、ぜひお試しあれ!

バートンコーの屋台は、朝のワローロット市場でもたくさん見かけますが、なかでも一際有名な屋台が「ゴーネン」です。

ゴーネンのバートンコーは、ありきたりのエックスの形ではありません。

注文をすると象や恐竜、ワニやパンダなどの形になるように、揚げてくれるのです!

形が変わっても味が変わるわけではありませんが、象やステラザウルスの形のバートンコーを見ていると、朝から思わずニンマリしてしまいます。

お子さんがいれば、大喜びされること間違いなしです。

よく見ると、手足が五本指になっていたりと、かなり細部までこだわって作られています。

これも職人のなせる技なのでしょうね!

ゴーネンは正確には、トンラムヤイ市場のガンペンディン通りで出店していますよ。

タグ

2012年1月24日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事