チェンマイのティムサム(飲茶・点心)

チェンマイのティムサム(飲茶・点心)

ティムサム(飲茶・点心)を食べに行ってきました。

シュウマイ、餃子、海老つみれ、それを饅頭と一緒にいただく。

小さなせいろに1種類ずつ入っており、
注文後にそれらを蒸して出してくれます。

湯気が上るたくさんのせいろがテーブルに並べられ、
見ているだけでも華やか。

友達誘って、みんなでいろんな種類を注文し、
蒸したてアツアツ点心を楽しむ、
いかがでしょうか。

 一口メモ

飲茶と点心は、ランチに選ぶのが、一番合っている気がします。

チェンマイにも本格的なティムサムを味わえるレストラン・食堂が、たくさんあります。

少々値段は張りますが、ホテルのレストランでランチメニューとして出されるティムサムは、雰囲気も味も格別で、きっと満足できることでしょう。

たとえばドゥワンタワンホテルの24階にあるレストランの昼食ビュッフェでは、チェンマイを一望しながら本格的なティムサムを堪能できます。

ホテルによってはティムサムの半額キャンペーンもときどき行われますから、普段よりお得な料金で楽しむことができます。

ロイヤルプリンセスホテル2階のレストランで、よく半額キャンペーンが行われていました。

さて、ホテルのレストランなどの高級レストランで、豪華な雰囲気に包まれてティムサムを味わうのもよいのですが、庶民的なお店といえば、トゥーイ・ティムサムが有名です。

トゥーイ・ティムサムは、メーピンホテルの東側に位置するカムペーンディン通りを南へ400メートルほど進んだ左手にあります。

ここは一籠15バーツと、とても安く、それでいてお味のほうは、高級レストランに一歩も引けをとりません。

店頭のガラスケースを見ながら指さしで注文できますから、タイ語がまったくできなくても安心です。

ここのエビ餃子は絶品ですよ!

タグ

2012年1月27日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事