サムーンのいちご

サムーンのいちご

最近、市場に行くと果物屋さんに
いちごが売られているのを見かけます。

チェンマイではサムーンという場所が
いちごの名産地です。

真っ赤で甘い、いちご☆

いちごジュースもおいしいですよ!

 一口メモ

1年を通して、さまざまな果物にお目にかかれるチェンマイですが、1月・2月の冬の時期は、市場の店頭に並ぶ果物の種類も、さすがに減ります。

では、この季節の主役の果物といえば?

正解は、いちごです。

青果市場に足を向ければ、色つやが良くて見るからにおいしそうな真っ赤ないちごが、ズラリと並んでいる様を目にすることができます。

タイのいちごは、冬期に収穫が行われます。

実はチェンマイは、タイ一のいちごの生産地でもあります。

チェンマイのサムーン郡が、タイのなかでもいちごの栽培と収穫がもっとも多い地として有名です。

なぜか、このことはチェンマイの人も、あまり知らないようです。

サムーンでは1月・2月に、いちご狩りが楽しめます。

毎年、この季節になると、サムーンの小山のなだらかな斜面に開かれたいちご畑は、赤く熟したいちごで埋め尽くされ、家族や恋人同士でいちご狩りに興じる人々の楽しそうな声が響きます。

サムーン郡では毎年、いちご祭りが開催されていますが、2012年の今年は、2月11日から14日にかけて催されます。

華やかないちご山車パレードや、いちごの展示即売会、いちご娘コンテストなど、さまざまなイベントで盛り上がりますよ。

数年前、ここで飲んだいちごのウィスキーが、なかなか美味でした!

タグ

2012年2月 6日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事