ビールに氷はタイの常識! タイビールの飲み方 

ビールに氷はタイの常識! タイビールの飲み方 

最近、1日おきに24時間営業のロータスへ行って、
リオビール1缶とトマトジュース1缶を買ってきて、
一人でレッドアイを作り、晩酌。

右手にリオ缶、左手にトマトジュース缶を持ち、
氷が入ったグラスに1:1の割合で同時に注ぐだけ。

うまい!

元来、あまりお酒に強くないので、
このくらいで十分、ご機嫌♪

そういえば、ビールを飲む時、
当たり前のように氷を入れているけど、
日本じゃやらないよなー。

タイのビールは日本のビールより濃いから氷を入れるとか?
やっぱ暑いお国がら、より冷たくしてビールを飲むため?
等など言われておりますが、
タイの常識=ビールに氷!は

私の中でもいつのまにか違和感なく、定着しており、
今では氷を入れずにビールを飲むほうが逆に???と
思っちゃうかも。

一口メモ

そうなんです!
タイではビールに並々と氷を入れて飲むのが、ごく一般的です。

その理由については、冷却装置が貧弱だった古い時代に、
暑い国でビールを冷たく飲むための知恵だったとか!

それが今の時代まで習慣として残っているのでしょうね。

最近は観光客への配慮からか、こちらが外国人とわかると、
「氷をお入れしますか?」と、聞いてくる親切な店員さんもいますが、
普通は、黙って氷を入れたグラスに、ビールを注がれます。

はじめて、目の前のグラスに氷とビールを入れられる光景を目にしたときは、
ぶっとびました!

そんなアホな!? って、普通思いますよね?

バーやレストランに行くと、ビールに氷を入れられて、
大声で店員のお姉さんを怒鳴りつけるファラン(白人)とか、
たまに見かけます。

これって、やはりカルチャーショックなんでしょうね。

ビールに氷を入れて薄めたのでは、
ビール本来のせっかくのコクとかキレとかが、消えてしまいます。

ですが、タイ暮らしが長くなると不思議なもので、
ビールに氷を入れることが、いつの間にか習慣になってしまうのですよ。

氷なしのビールなんて、逆に飲めなくなってきちゃうんです。

慣れってのは恐ろしいものです!

まぁ、たまにバービアなどに出向いて、
ギンギンに冷えたハイネケンやビアシンの小瓶に、
直接口をつけて飲み下すビールの味も、
格別なんですけどね。

普段、氷入りのビールを飲んでいるからこそ、
純度100%のビールが、この上なくおいしく感じられるのでしょうね!

それとも単に隣りに、きれいなお姉さんが
寄り添っているからおいしく感じられるだけだったりして・・・反省!

タグ

2011年2月19日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事