タイスキとは

タイスキとは

昨日は友人数名と一緒に夕ご飯!
タイスキ・レストラ~ン♪

が、しかし・・・、

病み上がりの私に許されたものは、
豆腐、春雨・・・。
どれも歯ごたえ無いんですけど・・・。

目の前のお鍋の中にはお肉やら海鮮類、おいしそうな野菜が
グツグツしてる・・・。
みんな、おいしそうに食べてるよおー。

はあー、早く元のコンディションに戻さねばーー。

 一口メモ

タイスキはタイ料理のなかでも、どちらかといえば高級料理に属します。

「タイスキ」の語源は、タイ風すき焼きだといわれています。

日本のスキヤキを模倣したことは間違いないでしょう。

とはいえタイスキは、日本のスキヤキとは、まったく別の料理です。

大きな鍋に水を入れ、野菜や海鮮を中心に、お肉や春雨・エビワンタンなどの食材を、
いっきょに入れて、火をつけます。

スキヤキというよりはシャブシャブに近いです。
シャブシャブというよりは、水炊きといったほうが正確でしょうね。

卵を入れてかき回せば、あとは待つだけ。
ゆで上がった食材から取り出し、お店独自のタレをつけて食べます。

タイスキ屋さんはチェンマイにもいくつかありますが、
タレの味はみんな違います。

チェンマイのタイスキ屋さんのなかで、もっとも人気が高いのは、
タイスキチェーン店の、MKです。
エアポートプラザをはじめ、大きなデパートには、
たいていMKが入っています。

料金ですが、3~4人でタイスキを囲めば、
軽く500バーツ(およそ1,500円)を超えます。

ビールなどの飲み物を注文すれば、あっという間に1,000バーツ前後は
覚悟しないといけません。

日本の感覚からすれば、けして高くはないのでしょうが、
チャーハンなどの軽いご飯類が、25バーツもあれば食べられるタイの感覚からすると、
目が飛び出るほど高い金額です!

にもかかわらず、お昼時や夕飯の時間には、
MKはたくさんのタイ人でごった返しています。

う~ん、駐在ではない現地在住の日本人よりも、
タイ人の一部のお金持ちの方が、はるかに生活に余裕があるようです!

タグ

2011年2月20日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事