チェンマイ大学農学部のアイスクリーム

チェンマイ大学農学部のアイスクリーム

この間、チェンマイのフリーペーパーに
チェンマイ大学農学部がやっている
牛乳アイス屋さんが載っていた。

私もたまにここでシェイクを買ったりするのだが、
どうやらここはソフトクリームもいけるらしい。

原材料の牛乳が一味違うらしい。
さすが、農学部!

酪農王国出身の私としても、
ここのソフトクリームは是非、試してみなければ!

 一口メモ

チェンマイ大学農学部の学生さんが出しているアイスクリーム屋さんは、チェンマイに暮らす人たちの隠れた人気スポットです!

場所は、ステープ通り沿いにあるチェンマイ大学の門をくぐり、ほんのちょっと進んだあたりです。

青一色に覆われた看板に、「Chiangmai Flesh Milk」と書かれているお店がそれです。

このお店のアイスクリームには、チェンマイ大学農学部と牛乳工場が作ったオリジナルミルクが使われていて、他では味わったことのない芳醇な甘さが、口のなかいっぱいに広がりますよ。

オーガニックにこだわった牛の飼育が、そのおいしさの秘密のようです。

食感としては、アイスクリームというよりもシャーベットに近く、シャリシャリはじけるおいしさが持ち味です!

かなり甘いけれども、飽きのこない甘さで、山盛りのアイスクリームでもぺろりと平らげてしまいますよ!

男性客の姿も、けっこう多いですしね。

ただ問題は・・・。

あまりにも人気が高いため、あっという間に品切れとなり、早々と閉店してしまうことです!

運が悪いと何回か足を運んでも、「売り切れ」「閉店」の張り紙ばかりで、がっくり肩を落とすことになります。

一度味わってしまうと、なぜか癖になるおいしさで二度三度と足を運びたくなりますから、たくさんのお客さんが押し寄せるのも、仕方ないことでしょうけどね!

お値段もとてもリーズナブルです。

このところご無沙汰していますが、値上がりしていなければ、ソフトクリームが13バーツで食べられますからね。

チェンマイ大学農学部の作り出した、こだわりのアイスクリームを、ぜひ試してみてくださいね。

タグ

2011年5月27日|

カテゴリー:チェンマイの食

「チェンマイの食」カテゴリ の関連記事