街中のヤギ

街中のヤギ

メエぇぇ~~~!!

会社でパソコンに向かっている時、突然背後で妙な泣き声がした!

はっ!何!?
振り返ると、事務所の開け放たれたドアの外にヤギが・・・。

ヤギ・・・?

なぜ・・・?

よく見ると、そのヤギはムシャムシャと
アナンさんが大事に育てている鉢植えの葉っぱを食べている!!

あ"~、ダメだよー。食べちゃ~ダメ!
追い払い、遠くに行ったヤギを見ているとそのヤギは群れに合流。

群れ・・・?

なんで、こんな街中にヤギの群れがいるのだ??
誰か飼っているんだろうか?

放し飼いで???ヤギの群れを???

一口メモ

放し飼い? チェンマイでは普通だったりします(汗)

記事のように、町中にまで出てくるってのは、
さすがに珍しいとは思いますが・・・。

ほとんどの飼い犬は、首輪だけはつけているものの、
道路を我が物顔で歩いています。

タイでは基本的に、犬は放し飼いで飼う動物です。
日本でも猫は放し飼いされることが多いでしょうから、
犬と猫がともに放し飼いされているタイの方が、平等なのかもしれません。

放し飼いは犬だけにとどまらず、ニワトリも、
ヤギも牛も、普通に放し飼いされています。

チェンマイ郊外をクルマで走っていると、
ヤギや牛の群れに、ときどき行く手を遮られます。

そんなときは、道を空けてくれるまで、
ひたすら、待ちの一手です。

チェンマイでは時間がゆったりと流れていますから、
それでよいのです。

タグ

2011年2月19日|

カテゴリー:チェンマイの動植物