メーカチャン温泉

メーカチャン温泉

メーカチャンへ行ってきました。

メーカチャンはチェンマイから約70kmほど
チェンライ方面に向かったところにある町です。

温泉が湧き出ていることでも知られているところです。

私も到着早々、足湯を楽しみながら、
温泉卵をいただきました!

 一口メモ

チェンマイからチェンライへ向かって国道118号線をクルマで1時間半ほど走ると、左手にクメールの寺院のような建物が見えてきます。

ここが、メーカチャン温泉です。

メーカチャン温泉は、タイで一番高いところにある温泉として有名です。

以前は道路の右手に間欠泉などがありましたが、今は左手に新しいメーカチャン温泉が完成し、大勢の人で賑わっています。

チェンマイからチェンライへの、ちょうど中間地点に位置するため、ドライブインとしてひと休みするドライバーが多いせいでしょうね。

昔と違って、きれいな足湯も完備されています。

以前よりも高く吹き出す間欠泉の眺めも、壮観です。

定番の温泉卵も相変わらずおいしいです。ウズラの卵も売られていますよ。

季節によってはタケノコも温泉に浸して、食べることができます。

間欠泉を挟んで両側に、お土産屋さんがズラリと並んでいます。

本物かイミテーションか判別が微妙な銀製品やアクセサリー、チベットの民芸品などが売られており、呼び込み合戦も熾烈です。

一泊500バーツで泊まれるバンガローもありますから、温泉気分をゆっくり味わうことも可能ですよ。

でも、夜になるとお土産さんは全店閉まりますから、ひっそり静まりかえります。

周囲にお店らしきものは一件も見当たらない山のなかです。

ここで一晩過ごすのは、けっこう勇気がいるような・・・。

タグ

2012年1月28日|

カテゴリー:チェンマイの観光

「チェンマイの観光」カテゴリ の関連記事