ワットスアンドーク

ワットスアンドーク

ワットスアンドーク画像チェンマイ大学の裏手通りにあるお寺"ワットスアンドーク"。
真っ白なチェディがとても美しい。


ワットスアンドーク内にはお坊さんが勉強する為の学校があり、
チェンマイ市内のあちこちのお寺から
毎朝、若いお坊さん達が勉強しに通って来ている。

私は毎朝、バイクで
お寺の裏門から入って、正面門へと続く境内の道を通り、
大きなステープ通りへと出るので、
ちょうど、登校中のお坊さんと時間が重なる。
厳粛なたたずまいのお坊さんの横を
寝坊ぎみで顔もちゃんと洗っていないような
あわただしい日本人が毎朝バイクで通り過ぎる・・・。

毎朝、スミマセン・・・。

一口メモ

ワットスアンドークは、もともとラーンナー・タイ王宮殿の庭に建てられた寺院と学校の一部です。

門を入ってすぐに、巨大な樹木が出迎えてくれます。

ワットスアンドークには、代々のチェンマイ王朝王族の遺骨を納めた白いチェディ(仏塔)があります。
白い仏塔の並ぶ一番奥に、ひときわ大きな金色のチェディが建立されています。

500年ほど前に作られた、タイで1、2を争う大きさの青銅の仏像も安置されていますので、 忘れずに見てくださいね。

CMランナーツアーでは、ワットスアンドークをはじめ、
チェンマイの有名なお寺を巡るツアーを用意しています。

● チェンマイ市内寺院・ドイステープ寺院・手工芸品の村 1日ツアー

気軽にお問い合わせくださいね!

タグ

2011年2月19日|

カテゴリー:チェンマイの観光

「チェンマイの観光」カテゴリ の関連記事