タイ国際航空バンコク-日本線がマスマス便利に輸送量増強!!

タイ国際航空バンコク-日本線がマスマス便利に輸送量増強!!

TGA380.jpg

"タイ国際航空バンコク-日本線がマスマス便利に輸送量増強!!"

タイと日本の間に就航して長い歴史を持つ、タイ国際航空のバンコク-日本線が、この秋からマスマス便利に就航本数や座席数が大きく増えます。

タイ国際航空(TG)は冬 スケジュールで、日本/バンコク間の座席供給量を大きく増加する計画だ。101日には札幌線をデイリー化するとと もに、1027日からは使用機材をエアバスA330-300型機からボーイングB777-300型機に変更。座席 数はビジネス34席、エコノミー330席で、1機あたりの座席数は21%増となる。また、12月には仙台線に週3便 で新規就航。中部線では、夕方発のTG647便と復路便のTG646便で週5便をデイリー化する。

 また、成田線では、午前発 のTG641便と復路便のTG640便にエアバスA380-800型機を導入。すでに今年1月から夕方発の TG677便と復路便のTG676便で運航しているが、追加して旅客需要の拡大に応える。成田発の総座席数は1日あ たり1281席、羽田発を加えた東京発では1656席となる。

 さらに121日には関空 線にもA380-800型機を投入。現在はB747-400型機を使用しており、機材変更によりファースト3席、ビ ジネス20席、エコノミー100席が増加する。

 なお、関空発着の定期便に A380型機を投入するのはTGが初となる。

日本からタイへの航空便の本数も増えて、保有座席数もドドーンとアップして、マスマス便利になります。

タグ

2013年8月28日|

カテゴリー:チェンマイLIFE, チェンマイの観光

「チェンマイの観光」カテゴリ の関連記事