チェンコーンからラオスへ

チェンコーンからラオスへ

ラオスに行ってきました。
チェンコーンから船でメコン川を渡ると、
そこはもうラオス。
国が違うと言葉も違う、車も右側走行、
お金もバーツからキップへ。
料理もタイ料理とはちょっと違う。
ラオス料理はベトナム料理に近い。

短期滞在の観光ならビザがいらなくなって
とっても行きやすくなりました。

 一口メモ

チェンマイからクルマで5~6時間、北上すれば、そこはチェンコーンです。

チェンコーンから渡し船に乗ってメコン川を渡ること、わずか数分で、お隣の国・ラオスのフェーサイに到着です。

ラオスに入ると、長い巻きスカートをはいた女性の姿を、よく見かけるようになります。

タイとは違う文化・風習をもつ国に来たことを、実感できることでしょう。

フェーサイからはメコン川を下って、ルアンプラバーンやシェンコックへ渡ることもできます。

ラオスのリゾート地として有名な、ルアンナムターへ向かうバスも出ていますよ。

実は今、チェンコーンとフェーサイを結ぶ「第4友好橋」の建設が進められています。

完成予定は2012年ですが、なんといっても、ここはおおらかなタイ! 日本とは異なり、工事の完成が大幅に遅れることはいつものことですから、おそらく2015年前後の開通になることでしょう。

第4友好橋の建設費は、タイと中国が折半することになっていますが、つい最近、中国側が建設費の労賃を未払いのまま放置していることがわかり、問題になっていると報道されています。

2011年5月1日の時点での工事進捗度が約14%と発表されていますから、やはりまだまだ完成は先になりそうですね!

第4友好橋が完成すれば、陸路でラオスに渡れるようになりますから、メーサイからミャンマーに入るときと同様に気軽な感覚で、両国間での物資のやりとりが活発化することでしょう。

ビザの延長目的の観光客も増えそうですね。

そうなるとチェンコーンの街も、大きく生まれ変わるかもしれませんね。

タグ

2011年5月16日|

カテゴリー:チェンマイの観光

「チェンマイの観光」カテゴリ の関連記事