ボーサンの手作り傘

ボーサンの手作り傘

昨日、サンカンペーン(手工芸品の村)へ行ってきました。
タイシルク、革製品、シルバーの店 等々。

中でも、ボーサンにある手作り傘の工場は
一番最初の工程、
傘の骨組みとなる材料を手作業で
ほど良い大きさに削りとる作業から始まり、
紙漉き、組み立て、貼り合わせ、
最終作業の傘に絵を描くところまで、
職人さん達の見事な手さばきに見とれてしまいました。

 一口メモ

サンカンペーンにあるボーサンの街は、竹と紙を使った手作り傘の名産地として世界的に有名です。

さまざまな色彩にあふれたボーサンの傘をはじめて目にしたときには、
その艶やかな美しさに圧倒されました。

200年ほど前からはじまったボーサンの傘作りですが、
組み立てから彩色まで、今でもすべての工程に渡り、丹念に手作りされています。

職人さんに頼めば、あなただけのオリジナルの絵と色彩を施すこともできます!

ボーサンでは、毎年1月の第3金曜日から日曜日まで、3日間に渡り、
"傘祭り"が開催されます。

色鮮やかな傘に飾られたメインストリートを、
民族衣装をまとった大勢のチェンマイ美人が、片手で傘を差しながら、
自転車に乗って一斉にパレードをする姿が有名です。

片手で傘を差して、自転車に乗るなんて、
なんだかあぶなそうでハラハラしてしまいますが、
チェンマイの女性なら誰でもできること、と知り合いのタイ人が申しておりました。

熱い日差しを傘でさえぎり、優雅に自転車をこぐのは、
チェンマイ美人のデフォルトのようです。

あ、誤解のないように言っておきますが、ボーサンの手作り傘は日傘です。

雨傘ではありませんので、お間違えのないように!
以前、ボーサンに来て、一生懸命雨傘を探している日本の方がいたみたいですので!

サンカンペーン手工芸品村を観光したり、ショッピングをするには、
プライベートツアーを利用すると便利ですよ。

タグ

2011年3月10日|

カテゴリー:チェンマイの観光, 祭りと行事

「祭りと行事」カテゴリ の関連記事