ワン・クルー 先生の日

ワン・クルー 先生の日

タイ、今日はワン・クルー。先生の日です!

学生たちは尊敬する先生に日ごろの感謝の気持ちを伝えます。

こちらでは先生は社会的にも尊敬される職業なんですよ。

 一口メモ

毎年1月16日は、ワンクルーと定められており、学校は休みとなります。

ワンクルーを直訳すると、「先生の日」です。

この日は先生に感謝を捧げる日で、タイではさまざまなイベントが催されます。

小中学校ばかりでなく、タイマッサージスクールなど多くの学校でも、行事が行われます。

先生を敬うという発想自体、日本とは感覚が異なるのかもしれませんね。

日本でも、卒業式に歌われる「仰げば尊し」を聞くと、教師への感謝・尊敬の念を思い出しますが、普段はどうでしょうか?

一昔前に比べると、教師と生徒の関係も、ずいぶん様変わりしているように感じます。

でもタイでは違います。

タイでは教師という職業は、今も昔も人々の尊敬を受ける職業であり、まさに聖職という扱いを受けています。

だからこそ、1956年以来、タイの教育法がはじめて施行された1月16日を「先生の日」と定め、尊敬の念を形に表しています。

さらに6月には、「教師尊敬の日」を意味するワンワイクルーと定められた日があります。

この日は学校は休みではありませんが、生徒はドーク・ケム(日本でいうイソクラ)の花を先生に捧げ、感謝の意を表します。

生徒たちから素直に尊敬されるわけですから、タイの先生って、やりがいがありそうですね!

タグ

2012年1月23日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事