ドイチャーンコーヒー

ドイチャーンコーヒー

ドイチャーンカフェでお茶してきました。

ここで扱っているコーヒー豆は
タイのチェンライで栽培されているそうです。

コーヒー豆のパック詰めも販売されていますので、
おみやげにタイのコーヒーなんていかがでしょうか。

 一口メモ

ドイチャーンカフェのコーヒーについては、以前にも記事にしてありますので、興味のある方はあわせてお読みください。

ドイチャーンカフェのコーヒー

ドイチャーン村はタイ北部にあり、山岳民族の暮らす村です。

旧ビルマとの国境が近いこのあたりは、昔からケシの栽培が盛んであり、悪名高い場所でした。

しかし、王室プロジェクトの懸命な働きかけにより、今では世界有数のコーヒー豆の生産地として、名をはせています。

日本でもドイチャーンコーヒーは輸入されています。

ドイチャーンコーヒーのなかにも、いくつか種類がありますが、なかでも最高級といわれているのが「ゴールデントライアングルマウンテン」です。

100%アラビカ種の「ゴールデントライアングルマウンテン」は、もちろん無農薬栽培で育てられています。

すべての収穫されたコーヒー豆のなかから、さまざまな基準をクリアして残る豆は、わずか15%ほどに過ぎないそうです。

そこからさらに厳選した豆が、「ゴールデントライアングルマウンテン」として出荷されています。

稀少品だけに、さすがに値段は少々張りますが、その比類なき香り、甘み・酸味・苦み・コクの奏でる絶妙のハーモニーは、「ゴールデントライアングルマウンテン」でしか味わえないものです。

違いのわかる一杯を、どうぞお試しあれ!

タグ

2012年1月30日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事