タイのバレンタインデー

タイのバレンタインデー

先日、ワローロット市場の花屋さんの前を通りかかると、
中高生のお客さんがたくさん!

どうした?

ん?卒業式か?部活の先輩に渡すのか?

答え:この日は2月13日。

バレンタインデー前日なのでした。

タイの子達って、バレンタインに
バラの花をあげたりするんだよね。

私はバラよりチョコがいいなー。

花より団子派☆

まっ、そんな願望を言ったところで、
誰も聞いてくれる人いなかったりして・・・。とほほ・・・。

 一口メモ

バレンタインデーは、タイでも大きなイベントのひとつです。

ただし、日本のバレンタインとは、大きく違います。

もっとも、女性から男性へチョコレートを送るという習慣は、世界広しといえども日本だけとか!?

タイのバレンタインデーは、男性から女性へバラの花を送る日です。

バレンタインが近づくと、花屋さんの店頭には、色とりどりのバラの花束が並びます。

タイでは、タイの物価に合わせて、花が比較的安く売られています。

バラも例外ではなく、50本ほどのバラの花束が60バーツぐらいで売られています。

バラにもグレードがあり、高級品だと10本で100バーツほどでしょうか。

ところがバレンタインデーの時期には、タイ全土でバラが不足がちになるため、バラの値段が高騰します。

花束ではなく、バラ1本に100バーツの値札がついていることも、けして珍しくありません。

それでもタイの男性は、意中の女性に告白するために、競ってバラの花を買い求めるのです。

ずいぶんロマンチックですよね。

しかし、単にロマンチックとばかりに安穏としてはいられない事情が、タイにはあるのです。

日本のバレンタインデーとの決定的な違いが、あるからです。

それは、タイでは義理チョコならぬ義理バラが、一切ないことです。

もし、何人もの女性にバラを捧げている男性がいれば、すぐに浮気者の烙印を押されてしまいます。

ですから、バラを贈ることができるのは、たった一人の女性だけなのです。

これはもう、真剣勝負にならざるを得ませんよね。

逆に女性の立場から見ても、バレンタインデーは勝負日です。

つきあっているつもりの恋人から、バラが届かないなんてことがあれば、笑いごとでは済みません。

そりゃもう、修羅場が待っていること確実です。

年頃の女性で、1本のバラも届かないとなると、これはこれで深刻になるみたいですよ。

う~ん、義理チョコ真っ盛りの日本のバレンタインデーのほうが、のどかでいいのかもしれませんね!

タグ

2012年2月16日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事