タイの女子大生のミニスカートとバイクのマフラー

タイの女子大生のミニスカートとバイクのマフラー

友達が薬を買いたいから、一緒に薬屋に行ってくれないか、と言うので、
"どうした、どうした?"と聞くと・・・。

友達はふくらはぎを指し、"コレ・・・。"

私"あっ、火傷してんじゃん。"

友達"うん、バイクから降りる時にマフラーで・・・。"

ということで、すぐに薬屋へ行き、薬を購入。

走行直後のバイクのマフラーって、
すっごい熱くなっているから、少しでも触れると、火傷しちゃう。
長ズボンを履いていれば大丈夫なんだけど、
7分たけや半ズボンを履いていることが多いので、
ちゃんと気をつけないといけない。
でも、ついうっかり、忘れてしまう時がある・・・。

私が以前、火傷した時は
自分が運転してきたバイクのマフラーじゃなくて、
となりに駐車してあったバイクのマフラーに触れてしまい、火傷・・・。

バイク走行時はもちろんのこと、
バイクから降りる際も十分、気をつけねばならない。

一口メモ

タイの主な交通手段は、バイク(モーターサイ)です。

タイでは女子大学生の制服が決まっており、どの大学・専門学校でも
同じ制服を着なければいけません。

その制服のスカートが、かなりミニだったりします。

しかも、そのミニスカートのまま、バイクにまたがって通学しないといけません。

チェンマイでも、道路を走っていくミニスカート姿の
女子大生の姿を、よく目にします。

ふくらはぎも素足のまま無防備に、さらけ出されているわけですから、
熱々のマフラーに触れてしまうと・・・。

それにしても、タイの女子大生の制服は・・・刺激的すぎます(汗)

タグ

2011年2月19日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事