タイの夏休み

タイの夏休み

タイの学校では、子供たち期末テストを終えて、
お待ちかねの夏休みが始まったようです。


タイでは前期と後期の2学期制。

前期は5月下旬くらい~10月上旬まで。

休みが1ヶ月くらいあって、
後期が11月~3月上旬まで。

ここから約2ヶ月半ほどの休みとなります。


気候は暑気となり、この休みの間が一番、暑くなりますが、
ソンクラーン(水掛祭り)もあり、
子供たちにとっては、ウキウキの夏休みですよね~。

 一口メモ

タイの学校は、年間二学期制になっています。

長い休みは、その学期の切替時に訪れ、一学期の終わりにあたる10月上旬から、およそ一ヶ月間に渡る「ピッド・ターム・レック」と、3月上旬から中旬より5月下旬まで、およそ三ヶ月間に渡る「ピッド・ターム・ヤイ」があります。

そして、タイの夏休みと言えば、「ピッド・ターム・ヤイ」を指します。

3月・4月に夏休みという感覚は、日本からすれば違和感がありますよね。

でも3月・4月は、タイの一番暑い季節です。

きつい日差しが肌を焼き、プールが恋しくなる季節でもあります。

子どもたちにとっては、待ちに待った夏休み!

この時期はどこへ行っても、子どもたちの姿をよく目にします。

子どもたちにとっても、今年の夏休みは、例年以上に待ち遠しかったことでしょう。

ことにバンコク周辺では、昨年の洪水により、長期間学校が休みとなったため、土曜日の休みを返上して授業が行われたり、夏休みに入る日も、例年より遅めにする学校が目立っています。

せっかくの夏休みですから、大いにはじけてほしいものです。

それにしても夏休みの間は、子どもたちを送迎するクルマがピタッと止まるため、いつもに比べて渋滞もなく、運転するうえでも、なかなか快適ですよ!

タグ

2012年3月21日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事