タイのお正月

タイのお正月

4月13日~15日、ソンクラーン(水掛け祭り)でした!!

ソンクラーンはタイのお正月です。

チェンマイの街もお祭りに向け、活気づきましたよ~。

 一口メモ

ソンクランと言えば、世界一の水掛祭りとして有名ですが、この3日間はタイの旧暦のお正月に当たります。

「サワディ・ピーマイ」と声を掛け合いながら、水を掛け合う光景も、よく目にします。

直訳すれば、「新年おめでとう」です。

3日間のうち、ことに重要なのは15日です。

この日は「ワン・パヤワン」、大いなる日と呼ばれています。

15日の早朝、まだ暗いうちから、近くのお寺に家族揃って参拝に出かけるのが、タイの伝統です。

多くの人が、ランナー様式の正装をしています。

日本の初詣に、よく似ています。

日本の着物に当たるのが、こちらではランナー様式の正装です。

この日はいろいろと、やってはいけないタブーもあります。

そういえば日本でも、元旦は掃除や洗濯、遠出をしてはいけないという慣習がありますよね。

感覚は、日本のお正月に近いのかもしれません。

15日の午後からは、ダムファに出かけるのが普通です。

ダムファとは、新年の挨拶回りのことで、親族の長老や年配者、職場の年長者の家へ挨拶に向かいます。

最近はダムファの習慣も次第にすたれてきているようですが、まだまだ日本に比べると、親戚縁者や一族郎党を大切にする土壌が、タイには残っています。

ダムファを終えれば、あとは水掛祭りを楽しむばかりです。

タイの一番暑い季節に水を掛け合ってはしゃぎ合い、新年の訪れを祝うとともに、今年一年のはちきれんばかりの鋭気を養うのが、タイのソンクランです。

ぜひ一度、体験してくださいね!

タグ

2012年4月27日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事