雨季に備えて

雨季に備えて

昨日、降った雨のおかげで、
今朝はとても涼しくすごしやすいチェンマイです。

昨日の夜、今後に備えて雨合羽を買いに行きました。

前にボタンがついたタイプとポンチョタイプとありましたが、
着脱が楽なボタンつきを選びました。
69バーツ。

移動手段がバイクだから、
タイでは傘よりも雨合羽を使用することが
多いです。

 一口メモ

チェンマイは今、連日猛暑を迎えています。

日中の強い日差しにさらされると、ほんの少し歩いただけで、全身が汗だくになります。

ソンクランはもう終わりましたが、これだけ暑いと、誰かに水をかけてほしくもなります。

そんな猛暑のなか、ふと和むのはスコールです。

雨季のチェンマイは、夕方頃、毎日のように激しいスコールに包まれます。

雷鳴がとどろき、まさにバケツの水をひっくり返したような土砂降りに襲われます。

それでもスコールだけに、およそ1時間も経てば雨雲は去り、透き通るような青空が戻ってきます。

雨が降ると気温が下がるのは当たり前ですが、チェンマイに暮らしていると、そのことのありがたさがよ~く実感できます。

ひと雨来れば、先ほどまでのうだるような暑さは、すっかり和らぎ、過ごしやすくなります。

まさに自然の恵みですね。

雨が降れば、軒下で雨宿りをするのが普通ですが、どれだけ激しく雨が降っていても、色とりどりのポンチョを着込んで、バイクで走っている人たちを見かけます。

時間にはルーズなタイの社会ですが、見通しも悪い雨のなか、忙しげにバイクで走り回る人たちもいるわけで、なにやら不思議な気がします。

タグ

2012年4月29日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事