チェンマイで相撲大会

チェンマイで相撲大会

タイ人の友達から電話があり、
"一緒に相撲見に行かない?"と誘われました。

私 "え?相撲?ムエタイじゃなくて??"

友達"今週の金曜日~日曜日までチェンマイ700年記念競技場で
   相撲の大会があるんだよ!" 

そうなんです!今日から3日間にわたり(11月16~18日)、
第15回世界相撲選手権大会が
チェンマイ700年記念競技場特設相撲場で
開催されるのです。

相撲は久しくテレビでも見ていないので、
(↑タイではなかなか見られない・・・。)

私ももし、時間があれば見に行きたいなと思ってます。

 一口メモ

上の記事が書かれたのは2007年ですので、あしからず!

相撲の世界選手権なんてあったんですね。知ってました?

チェンマイで開催された第15回世界相撲選手権大会は、
けっこう盛んに宣伝されていました。

結果は以下の通りです。優勝者のみ掲載しておきます。

無差別級 カラエフ・アラン ロシア
重量級 ウラムバヤル・ビャンブジャブ モンゴル
中量級 吉田勝雄 日本
軽量級 バルドシ・サンドル ハンガリー

このうち、重量級で優勝したモンゴル出身のウラムバヤル・ビャンブジャブさんは、
大翔地健太の四股名で、大相撲入りしています。

日本の大相撲は、賭博・八百長騒動で大揺れのようですが、
日本の国技なのですから、恥になるようなことはしてほしくないものです。

ムエタイでは賭博は当たり前に行われていますけどね。

タグ

2011年2月19日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事