ランパーンのセラミックフェア

ランパーンのセラミックフェア

昨日は贈り物を買いに、ニマンヘンミン通りにある
セラミック陶器屋さんへ行ってきました。

シックな色あいのマグカップとそれに合わせた色のお皿、
木のコースター、スプーンを買いました。

急須と茶碗のセットなども種類がたくさんあり、
自分用にも欲しかったー。

あっ、セラミックで思い出したけど、
ランパーンのセラミックフェアは毎年12月の上旬だ!
すっごい安くて、かわいい陶器がいっぱいあるんだよねー。

チェンマイでもセラミックフェアやってほしいナ。

 一口メモ

チェンマイは、さまざまな雑貨があふれる街としても有名です。

ニマンヘン通りに足を向ければ、ちょっと高級感のただようセラミック陶器などの雑貨に出会えますよ!

ランパーンで12月上旬に開かれるセラミックフェアは、とても有名で、毎年タイ中から、多くの人々が陶器を求めて集まります。

ランパーンは昔から窯業が盛んです。
パーン市とコーカー郡には、200を越えるセラミック製造工場があるそうですよ。
その秘密は、周辺の山地で陶石や粘土がたくさんとれるためといわれています。

実際、ランパーン県は、セラミック生産において、タイ全土でダントツの一位を誇っています。
セラミックだけで年間30億バーツの利益を出しているそうですから、すごいですね!

ヨーロッパやアメリカ、アジア各国に向けても、積極的に輸出されています。

ランパーンのセラミックフェアでは、工場直売のため驚くほどの格安価格で、さまざまな高品質のセラミックを入手できますよ。

また、ランパーンは花馬車が街中を堂々と走る街としても有名です。
チェンマイよりも、さらに古い時代に栄えた都だけに、ノスタルジックな香りが色濃く漂う街でもあります。

チェンマイ観光のついでに、ちょっとだけランパーンやランプーンに足を伸ばしてみれば、ロマンチックな思い出がまたひとつ、増えるかもしれませんよ!

タグ

2011年5月 9日|

カテゴリー:チェンマイLIFE, 祭りと行事

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事