チェンマイのエアコン事情

チェンマイのエアコン事情

温度計で温度を確認する度、卒倒しそうな日々・・・。

大型スーパーに行って、エアコン売り場前から離れられず、
買いもしないのに仁王立ち・・・。

あこがれちゃう、エアコンがある生活~。

 一口メモ

今年は例年になく夕立が多く、どんより曇った毎日が続いていましたが、このところのチェンマイは、うだるような暑さに包まれています。

バンコクに比べて湿気が多いため、チェンマイのほうが当然過ごしやすいのですが、高い山々に囲まれたチェンマイの日中は風の吹き抜けも悪く、熱帯特有のどんよりした暑さに悩まされます。

それだけにエアコンの恩恵を、もっとも感じられる季節でもあります。

ただし、適温という言葉をタイ人は知らないのかなぁと、毎日のように思ってしまいます。

もっともタイ人ばかりではなく、東南アジア全般に共通することなのですが、エアコンを最大限に効かすことこそが最大のサービスという認識が、社会全体に行き渡っているようです。

ホテルのロビーの寒さに、思わず顔をしかめた方も多いことでしょう。

ホテルのレストランでの食事は、肌を露出したままの格好だと、かなり辛いものがあります。

バスも同じです。エアコンがこれでもかといわんばかりに冷風を吹き付けてきます。

ここって、もしかして冷凍車なの? 私を冷凍してどうするつもり? と、思わずつぶやきたくなります。

この時期にチェンマイに旅行で来られる方は、長袖を1枚もっているだけでもかなり役立ちますから、忘れないようにもってきてくださいね^^

チェンマイの街中は灼熱の暑さですが、ホテルやデパートのなか、レストラン・映画館・バスのなかなどは、はっきりいって寒いですよ!

日本は今、福島原発の事故を受けて、節電が声高に叫ばれていますが、タイでも原油の異常な値上がりのため、節電への取り組みがはじまっています。

タイ政府は国民に対して深夜営業の自粛を促すとともに、エアコンの温度を25度以下にするように要請しています。

さて、この政府要請は、守られるのでしょうか?

今のところ、どこへ行っても、相変わらずエアコンを最大限にふかしていることに、ちっとも変わりはないようです。

結局のところ、タイ人はエアコンが大好きなのでしょうね!

とはいえ、まだまだエアコンは贅沢品です。

では暑いとき、タイ人はどうするのでしょうか?

多くのタイ人が暑さ対策に活用するのが、大型デパートです。

買い物をするつもりなんてないけれども、エアポートプラザなどの大型デパートをぶらぶらしていれば、当面の暑さはしのげます。

かくして若いカップルも家族連れも、大型デパートに集い、のほほんとだらけるのです!

タグ

2011年5月25日|

カテゴリー:チェンマイLIFE

「チェンマイLIFE」カテゴリ の関連記事