ワット・ドイステープの情報

ワット・ドイステープ

ワット・ドイステープの黄金のチェディと傘

黄金色に輝く仏塔と傘

チェンマイ旧市街の西にそびえるドイステープ山の頂上に、北タイでもっとも神聖な寺と崇められる名寺ワット・ドイステープ(ドイステープ寺院)があります。

ワット・ドイステープは、チェンマイのシンボルともいえる観光名所です。
昔から、「チェンマイへ来てドイステープ寺院へ行かなければ、チェンマイへ来たことにはならない」とまで言われるほどに、チェンマイを代表する寺院です。

チェンマイ市内のちょっと高いビルからドイステープ(ステープ山)を望めば、遠くからでもワット・ドイステープを仰ぐことができます。 チェンマイに暮らす人々は、今も昔も、ワット・ドイステープに特別な思いを抱き、篤い信仰を捧げています。

ワット・ドイステープの正式名は、ワット・プラタート・ドイ・ステープ(Wat Prathat Doi Suthep)です。ドイはタイ語で山を表します。ステープ山の頂上に建つことから、通称ドイステープ寺院と呼ばれています。

ワット・ドイステープの歴史は古く、1383年、クーナ王の手によって建立されました。

インドから釈迦の骨である仏舎利をはるばる運んできた白き象が、この地で息絶えたことから、ドイステープ寺院が建立されたと伝えられています。

ワット・ドイステープの階段の画像

立ちはだかる306段の階段

ドイステープ寺院に着いて、まず圧倒されるのは、山頂まで続く長く伸びた階段です。その数、実に306段! チェンマイに来た記念に、自分の足で登ってみればよい思い出になることでしょう。
両側の手すりには、タイの神話に登場する龍・ナーガが彫刻され、山頂までお供をしてくれます。

階段はちょっとなぁ、という方には、ケーブルカーが用意されていますので、ご安心を!
ドイ・ステープの頂まで、3分ほどで運んでくれます。

サルの化身である守護神ヤックが守る門をくぐれば、そこはもうワット・ドイステープの境内です。中央にそびえる黄金に輝くチェディ(仏塔)が、真っ先に目に飛び込んできます。ガイドブックなど、ワット・ドイステープの写真といえば、この黄金の仏塔がよく使われています。高さ22mの光り輝くチェディ(仏塔)のなかに、釈迦の骨である仏舎利が収められているといわれています。チェディを取り囲むように、回廊に沿って黄金色の仏像が何体もおかれており、金色に染まるその美しさに魅せられます。

ワット・ドイステープの僧侶と本尊画像

お堂の中でお坊さんが手首に
白い紐を巻いてくれます

ワット・ドイステープへの参拝は、黄金の仏塔を取り囲む回廊を時計回りに3回まわり、祈ることからはじまります。
この参拝スタイルは、ワット・ドイステープに限らず、タイの仏教寺院であればすべて共通しています。
お釈迦様が亡くなったときに、弟子たちがそうして祈ったことに端を発しているそうです。

黄金の仏塔の前には、八体のやはり黄金色に輝く仏像が安置されています。八体の仏像は、それぞれ異なるポーズをとっていますが、これには理由があります。
タイでは自分が生まれた曜日が、とても大切にされます。タイ人であれば例外なく、自分の生まれた曜日を知っています。
タイの寺院では曜日ごとに仏像のポーズが定まっており、人々は自分の曜日を表す仏像の前に跪き、祈りを捧げます。

ワット・ドイステープの八体の仏像と祈る人々の画像

背景に写っているのは
回廊をまわって祈りを捧げる人々

曜日ごとなら七体ですむはずなのに、なぜ八体の仏像があるのか不思議ですよね。
その理由は、水曜日だけは昼と夜の二体の仏像があるからです。
水曜日の夜だけは、夜叉が現れるという仏教の教えに基づいているようです。

ワット・ドイステープのお堂に入ると、黄衣をまとったお坊さんの前に行列ができていることでしょう。並んで待っていると、お坊さんがお経を唱えながら、聖水をけっこうの勢いでかけてくれます。
やがて自分の番になると、お坊さんから、手首に白い紐を巻いてもらえます。この白い紐は、「サーイシン」と呼ばれるもので、日本の神社でいうお守りにあたります。
サーイシンは、自然にとれるまで、外してはいけないといわれています。お風呂に入るときも、そのままでOKです。なにか災厄が降りかかったときに、あるいは災厄がすんだときに、糸は自然に切れるそうです。
なお、タイでは、お坊さんが女性にふれることは禁じられているため、女性の場合は、お坊さんではない人がサーイシンを巻いてくれます。

ワット・ドイステープの装飾を施された建物の画像

微に入る装飾を施された建物

参拝が済んだなら、再びワット・ドイステープの境内から外に出てみてください。壁伝いに並ぶ鐘は、自由に鳴らすことができますから、叩いてみてくださいね。
そして、ドイステープ寺院の裏手に回れば、ステープ山の頂上からチェンマイ市内が一望の下に見渡すことができます。大パノラマが視界に広がる圧倒的な景観を、しばしお楽しみください。

短パンやランニングシャツ等の肌の露出度が高い軽装では、寺院に入場することができませんから、ご注意ください。 (現地で貸衣装を借りることも可能です。)

ワット・ドイステープ  ギャラリー

クリックすると、新しいページが立ち上がり、大きな画像を見られます。
その際、画像の下にあるPLAYボタンを押すと、すべての画像をスライドショーでご覧いただけます。

ワット・ドイステープ入口画像
ワット・ドイステープの入り口
ケーブルカー画像
ケーブルカーはこちらから
土産屋画像
階段の途中にある土産屋
ワット・ドイステープのナーガ画像
ナーガが手すりになった階段
ワット・ドイステープ階段画像
どこまでも続く長い階段
ワット・ドイステープの階段から見下ろす画像
下を見下ろせば・・・
ワット・ドイステープ画像
ワット・ドイステープの仏像
白い象の像画像
伝説の白い象
ワット・ドイステープの鐘画像
いくつも連なった鐘
ワット・ドイステープの鐘画像2
鐘は自由に鳴らせます
ワット・ドイステープの外壁にある仏像画像
外壁にある仏像
ワット・ドイステープの見晴台画像
寺の裏手が見晴台
ワット・ドイステープからの眺め画像
チェンマイ市街を一望
ワット・ドイステープからの眺め画像2
ワット・ドイステープからの眺め
ワット・ドイステープの鐘の画像
太鼓? 鐘?
ワット・ドイステープの大鐘画像
迫力ある大きな鐘
ワット・ドイステープの柔和な仏像画像
柔和な笑みを浮かべる仏像
ワット・ドイステープ境内入り口画像
境内のなかへ
ワット・ドイステープの黄金のチェディ画像
黄金のチェディ
ワット・ドイステープの黄金の仏塔と傘画像
黄金の仏塔と傘
ワット・ドイステープ参拝風景画像
祈りを捧げる人々
ワット・ドイステープの八体の黄金の仏像画像
八体の黄金の仏像
ワット・ドイステープのお堂のなかにある本尊画像
お堂のなかにある本尊
ワット・ドイステープのエメナルド仏画像
エメナルド仏
ワット・ドイステープの寝仏画像
優美な線を描く寝仏
黄昏に染まるワット・ドイステープの仏塔画像
何度でも仰ぎたくなる仏塔
ワット・ドイステープの階段の上からの画像
階段を下って帰路へ