蘭園(オーキッドファーム)&蝶園の情報

蘭園(オーキッドファーム)&蝶園

オーキッドファームのラン画像チェンマイは年間を通じて、さまざまな花々が咲き乱れる恵まれた地です。

そのなかでも、ひときわ鮮やかな美しさを見せてくれるのが、オーキッド(蘭)です。

蘭は、古い時代から、タイの人々にとって特別な花でした。
タイの町中を歩けば、いたるところにランの花びらをモチーフにしたデザインを、目にすることができます。

たとえば、タイ国際航空の機体に描かれているのも、鮮やかな紫色のランです。

ランはタイのシンボルともいえる花で、タイ人はランが大好きです。

マーケットや露店に足を向ければ、デンファレやシンビジュウムなどのランが売られている姿を、よく見かけます。

オーキッドファームのラン画像2チェンマイの郊外にあたるメーサイ・メーテン方面には、観光客に人気の高い蘭園(オーキッド・ファーム)と蝶園(バタフライ・ファーム)があります。

蘭園は温室風の造りになっており、年間いつ訪れても、さまざまな種類のランが、一面に咲き誇っています。

日本では高価なカトレアも、胡蝶蘭も、その優雅な美しさを惜しみなく見せてくれます。

一口にランといっても、その種類も、色合いもさまざまです。
白やピンクもあれば、黄色や青、紫など多彩な色彩にあふれ、さらに微妙に異なる色の濃淡が加わることで、鮮やかな色彩の渦が、目の前に展開されます。

一つひとつの花の繊細さ、華麗な美しさを、心ゆくまで鑑賞してみてください。

蘭園の奥には、蝶園が併設されており、花々の間を飛び交う熱帯の蝶を見ることができます。

蝶の数は、行く時期によってかなり違ってきます。
繁殖後だと、羽化したばかりの無数の蝶々が飛び交い、その美しさに圧倒されます。
(繁殖の時期とずれると、残念ながら寂しい気が・・・)

ランと蝶を鑑賞した後は、ショッピングも楽しめます。

蘭園のスーベニアショップでは、本物のランを加工したブローチやペンダントが売られています。

ランの表面をエナメルで覆い、自然の色合いをそのままに活かすことで、どれひとつ同じ形・同じ色のものがありません。

生きたランの鮮やかな色彩が、そのまま残った美しいアクセサリーは、お土産にしても喜ばれることでしょう。値段も案外お手頃ですよ。

また、ラン自体の即売も盛んに行われています。

蘭園にはカフェもありますから、蘭園を散策した後は、色とりどりのランに囲まれながら、ゆったりティータイムを楽しむのも、お洒落ですね!

蘭園(オーキッドファーム)&蝶園  ギャラリー

クリックすると、新しいページが立ち上がり、大きな画像を見られます。
その際、画像の下にあるPLAYボタンを押すと、すべての画像をスライドショーでご覧いただけます。

ラン園入場画像
ラン園に入場!
蘭園看板画像
蘭園の看板が見えてきました
蘭園のなかの画像
左右に咲き誇るランの花
蘭園のラン画像
色鮮やかなラン
蘭園のラン画像
自然が奏でる色彩のハーモニー
蘭園のラン画像2
繊細で美しいラン
蘭園の赤いラン画像1
同じ赤でも微妙に異なります
蘭園の赤いラン画像2
オレンジがかったラン
蘭園の紫のラン画像
紫に映える蘭園のラン
蘭園の紫のラン画像2
チェンマイの空とラン
赤紫のラン画像
赤紫のラン
蘭園のラン画像4
蘭園の通路
蝶園の入り口画像
蝶園の入り口
蝶園画像
こうして羽化します
蝶園の蝶画像
熱帯特有の色鮮やかな蝶
蝶園の蝶画像2
蝶を発見!
蘭園のカフェ画像
蘭園のカフェ
蘭園のカフェからの画像5
ランを見ながらティータイム
蘭園のショップ画像
蘭園のショップ
蘭園のランのブローチ画像
ランのブローチ
蘭園のランのブローチ画像2
本物のランが使われてます
蘭園のランのブローチ画像3
お土産にいいかも!
蘭園の蝶の標本画像
蝶の標本も売られてます
蘭園のランのお土産画像2
蘭も安く入手できます
蘭園の出口画像
蘭園をあとに! お疲れ様でした
 蘭園(オーキッドファーム)&蝶園 観光を含むツアーリストです。