スコータイ遺跡公園ツアーの情報

スコータイ遺跡公園ツアー

午前 7:00 - 午後 7:30

スコータイ遺跡公園ツアー ツアー内容

世界遺産をこの目で!
悠久なる時の流れに思いを馳せるスコータイ遺跡を巡る旅

スコータイ遺跡は、チェンマイの南約350km、タイ北部の南端に位置します。スコータイ遺跡は、アユタユ王朝の開かれる前にあたる13世紀の半ば、タイ族によってはじめて成立した王朝であるスコータイ王朝(1238〜1438年)の都跡です。スコータイは、タイ語で幸福の夜明けという意味をもっています。

スコータイ遺跡見学のハイライトは、東西1.8km、南北1.6kmの城壁と三重の塀に囲まれ、約70万m2という広大な敷地に広がるスコータイ遺跡公園(=スコータイ歴史公園)です。
スコータイ遺跡公園は、遺跡として確認されているものだけでも200ヶ所を超える数を有しており、まさに見所満載です!
スコータイ遺跡は、東南アジアでもっとも価値のある史跡のひとつとして、1991年にユネスコの世界遺産に登録され、ますます有名になりました。

古の面影を現代に伝えるスコータイ遺跡群を巡っていると、悠久なる時の流れを肌身に感じられることでしょう。


スコータイ遺跡公園 プライベートツアースケジュール表
備考: 状況により、ツアースケジュールが変わることがあります
スコータイ遺跡公園 ツアースケジュール
AM7:00

宿泊ホテルへお迎えに上がります。
はじめから終わりまで、日本語ガイドが同行します。

2

ラームカムヘーン博物館見学

3

レストランにてご昼食

4

世界遺産スコータイ史跡公園見学   ワット・マハタート(マハタート寺院)   ワット・シーサワイ(シー・サ・ワーイ寺院)   ワット・スラ・シー(スラ・シー寺院)   ワット・シー・チュム(シー・チュム寺院)   ワット・プラ・パーイ・ルアン(プラ・パーイ・ルアン寺院)

PM 4:00頃

スコータイ出発

PM 7:30頃

チェンマイに帰着、ホテルにお送りいたします

料金に含まれているもの
車・ガソリン込み/日本語ガイド/昼食代/入場料

料金に含まれていないもの
お飲み物/オプショナルツアー/夕食
※夕食はツアー料金に含まれておりません。
帰路にて軽食及びお飲み物は購入できます。御希望であれば途中レストラン等に立ち寄ることも可能ですので、ガイドにお申し付け下さい。

弊社の遠方へのプライベートツアー(チェンライ、スコータイ他)には、弊社独自での医療治療費50万バーツ迄が出ます、旅行障害保険を無料でお付け致します。


申し込み画像1名様あたりの料金
スコータイ遺跡公園ツアー プライベートツアー料金表
ご人数 お一人様当り価格 送 迎
 
1名様 6,900B 乗用車/ワゴン車
2名様 3,850B 乗用車/ワゴン車
3名様 2,800B 乗用車/ワゴン車
4名様 2,600B ワゴン車
5名様 2,400B ワゴン車
6名様以上 2,300B ワゴン車

・遺跡内を比較的長距離歩きますので動きやすい服装、歩きやすい靴(スニーカー等)でご参加されることをお勧めします。
・車酔いをされる方は予め、酔い止めを服用される事をお勧めします。
・スケジュール時間は、あくまでも目安です。ご了承ください。


スコータイ遺跡公園ツアーの見所

ラームカムヘーン博物館見学

スコータイ特産サンカローク焼き画像
スコータイのサンカローク焼き

ラームカムヘーン博物館には、タイ語で書かれた最古の文献として有名なラームカムヘーン王の碑文があります。残念ながら本物の碑文はバンコクの国立博物館にあるため、ラームカムヘーン博物館におかれているのはレプリカになります。 ラームカムヘーン王の碑文は、スコータイ旧市街で発見され、「スコータイは美しい国ぞ! 水に魚住み、田に稲穂実る」という有名な言葉が刻まれています。 ラームカムヘーン博物館には、スコータイの地で発掘された数々の仏像が展示されていますが、ことに有名なのは、大きな遊行仏(ゆぎょうぶつ)像です。遊行仏とは、ブッダが歩く姿をかたどった仏像のスタイルで、スコータイの仏教美術を代表する、とても優美な仏像です。亡くなった母親に仏法を説いたブッダが、天から帰ってくる様子を表したものだそうです。 また、ラームカムヘーン博物館内には、サンカローク焼きの焼き物も多数展示されています。サンカローク焼(宋胡録)は、世界的にも名の知られた、スコータイ特産の陶器で、日本にも「すんころく焼」として江戸時代に入ってきました。 他にも古い書物、当時使用されていた水道のパイプ等が展示されているほか、スコータイ遺跡の模型もあります。

スコータイ遺跡公園(スコータイ歴史公園)

スコータイ遺跡公園画像
上空から望むスコータイ遺跡

スコータイはスコータイ王朝の中心地であり、第三代王ラームカムヘン(在位1279〜1300年)の時代には『水に魚あり、田には米あり...』とうたわれ、王朝の絶頂期でした。スコータイ王朝はその後、1378年に同じタイ族のアユタヤ朝によって属国化され、約140年の短くも輝かしい歴史に幕を下ろしました。

現在使われているタイ文字は、スコータイ王朝の時代に作られたものです。また、今のタイが仏教国として栄えていることも、スコータイ王朝の時代に仏教が奨励されたことに基づいています。いわば現代のタイ文化の源流は、スコータイにあるといえるでしょう。

スコータイ遺跡公園(スコータイ歴史公園)は、ジャングルの中に数百年にわたり放置されていた遺跡群を、タイ芸術局とユネスコが修復した広大な史跡公園です。スコータイ遺跡公園は城壁内(中心部)と城壁の東部・西部・南部・北部の5つのエリアに分かれています。主要な遺跡は城壁内(中心部)に36ヶ所、城壁外に90ヶ所確認され、さらに小さい遺跡も含めると300以上もあるそうです。

広大なエリアに渡って、あまりにも数多くの遺跡が点在しているため、そのひとつひとつを見て回るのでは、かなりの日数がかかってしまいます。スコータイ遺跡公園ツアーでは、スコータイ遺跡公園内を代表する有名な遺跡を、専門の日本語ガイドがご案内します。

スコータイ遺跡公園内の遺跡群は、古の時代に華麗に咲いた文化の物語を、静かに語りかけてきます。

ワット・マハタート(マハタート寺院)

ワット・マハタート画像
スコータイを支えた王室寺院

城壁内のほぼ中央、王宮の西にあるワット・マハタートは、スコータイで最も重要とされる王室寺院であり、タイを代表する寺ともいわれています。スコータイ遺跡公園(スコータイ歴史公園)内でももっとも大きく、見応えのある寺院です。

かつてのワット・マハタートは、さまざまな様式の仏塔が200基ほど、礼拝堂が10か所、モンドップ(屋根に塔が付いた仏堂)が8つ、本堂1つ、池が4か所もある壮大な寺院でした。
遺跡としてのワット・マハタートには、先端にハスのつぼみをつけたスコータイ独自のチェディ(ベル型仏塔)と御堂跡が残されています。

御堂に安置されている漆喰の仏像は遊行仏と呼ばれ、スコータイ時代特有の様式であり、今にも歩き出しそうなフォームが特徴的です。高さ8mの本尊は、ラーマ1世(在位1782-1809)によってバンコク王朝のワット・スタットに移されています。

ワット・シーサワイ

ワット・シーサワイ画像
シンボルは3つの塔堂
正面から望むワット・シーサワイ

ワット・シーサワイは、ワット・マハタートの南西に位置しています。トウモロコシを直立させたような3つの塔堂をもつ寺院として有名です。プラーンと呼ばれる仏塔の表面には、ガルーダなどの飾りが美しく残っています。

プラーンには3基とも内室があり、ここから水上で眠るナーラーイ神の像やシヴァリンガなどが見つかったことから、もともとヒンドゥー寺院だったものが、のちに仏教寺院に変わったと考えられています。

ワット・スラ・シー(ワット・サ・シー)

ワット・スラ・シー画像
スコータイで最も美しい寺
湖面に映えるワット・スラ・シー

ワット・スラ・シー(ワット・サ・シー)は、城壁内にある池に浮かぶ小島に建立された寺院です。スラ・シーは「聖なる池」という意味です。雅さはスコータイ随一とうたわれるだけに、周囲を池に、遠くは山々に囲まれるワット・スラ・シーの美しさは、たとえようがありません。ことに夕陽が落ち、黄昏色に染まるワット・スラ・シーの姿はあまりに美しく、夕方になると多くの観光客を引き寄せます。

橋を渡ってワット・スラ・シーの境内に入ると、スリランカ様式の釣鐘型の仏塔が大小合わせて9つ、東には礼拝堂、池の真ん中には本堂が見えてきます。本堂にはたくさんの柱が残されており、その奥に仏像が鎮座しています。仏塔の前には、優美なラインを描く遊行仏が、美しい姿を見せています。

ワット・シー・チュム

ワット・シー・チュム画像
ワット・シー・チュムの大仏

ワット・シー・チュムは、ワット・マハタートから北に約1.5km進んだ場所に位置しています。ワット・シー・チェムの正面に立つと、建物の壁の切れ目から、巨大な仏像が見えてきて、圧倒されます。 その白い仏像の視線に引き込まれるようにして御堂のなかに入ると、四方を壁に囲まれたなか、窮屈そうに収まっている大仏の姿を見上げることができます。高さ15m、幅11.3mの巨大な仏像は、アッチャナ仏と呼ばれ、レンガに漆喰をかけて造られています。アッチャナ仏の右手の付け根付近には、金箔が残されており、かつては全身が金色に装飾されていたことがしのばれます。

おだやかな表情を浮かべる大仏を見上げていると、心地よい静寂と清涼感に心が癒されます。

大仏が収まっている建物は、正方形の屋根のない御堂で、モンドップと呼ばれています。モンドップの入り口の両壁には隠し通路があり、王の緊急避難用通路として、第二の都市スィー・サッチャナライまでつながっていたと言われています。

ワット・プラ・パーイ・ルアン

ワット・プラ・パーイ・ルアン画像
スコータイ最古の寺
ワット・プラ・パーイ・ルアンの塔堂

ワット・プラ・パーイ・ルアンは、スコータイ最古の寺であり、ワット・マハタートに次いで重要な寺院でした。ワット・シー・チュムのすぐ近くにあります。

御堂の周囲には堀がめぐらされ、かつて中には3つの塔堂がありましたが、現在はスタッコ(飾り漆喰)で装飾された北の塔堂のみが残っています。

さらに奥には崩れかけの仏塔があり、台座を囲むように、かろうじて2体の仏像(立像と遊行仏)が残っています。もともとは四角柱の四面に、4体の仏像(あとは座像と涅槃像)が貼り付けられていたとのことです。